創作ことわざ


[2020/9/28]

ホームに戻る


民話には"創作民話"というものがあるそうなので、"ことわざ"を創作してもいいのではないか、と思い立ちました。

1年で365句という計算ですが、そこまでたどり着けるか、心許ないところです。


大事なことがあります。

創作とは言っても、なんとなく以前に聞いたことがある、あるいは目にしたことがある、というような内容が混じる可能性はかなりあるでしょう。

気をつけてすすめますが、ダブったことになるかもしれませんので、その点はご容赦願います。

ことわざ辞典のようなもので、ダブりをチェックするかどうかは、まだ思案中です。


【0】番外 前書きのようなもの

【1】100%にこだわってはいけない

【2】他人の失敗は大騒ぎ、自分の失敗はひた隠し

【3】一兎、二兎を追うものは一兎をも得ず

【4】一年でやめるバカ、三年でやめぬバカ

【5】君に大したことはできないさ、大したことも起こらないが

【6】どんなことでも奥の奥にはおもしろいことが隠れている

【7】海に一日、山に一年

【8】情報はいつも足りない

【9】意味は見つけるもの、作るもの

【10】昔から続いていることはすぐ変えるか、すぐ見直せ

【11】昔から続いていることにはすぐにやめるべきこともある

【12】人生山あり谷あり洞穴(ほらあな)もあり

【13】意志は金なり

【14】知らないということは罪である

【15】他人の問題、自分の問題

【16】花は咲いては散る

【17】あなたはあなただけ

【18】過去は醜い、未来は美しい

【19】5%使えば充分

【20】損得より善悪、善悪より・・・・

【21】情報はフレッシュなうちに書け

【22】虎児を求むなら虎穴を観察せよ

【23】計画通りにはいかないが、計画しないよりは良い

【24】自分のことは自分で決めてひたすら実行する

【25】光陰亀のごとし

【26】言うは一時の悔い、言わぬは一生の悔い

【27】どんなことにも3レベル

【28】ほうら、君の出番だよ

【29】親から受け継ぐもので、もっとも役に立つものは世を渡る方法

【30】迷ったらやる、わからなかったらやめる

【31】山の頂に登ると次の山の頂が見える

【32】世の中のできごとは、偶然と画策通りと画策の不首尾との混合比率の違いで決まる

【33】どんなことにも許容誤差がある

【34】すべてのことを疑うべきである

【35】「上を見たらきりがない、下を見たらきりがない」というのはおかしい

【36】始めよ、さもなければ得られず

【37】歴史に学ぶよりどんな歴史を作るのかを考えよ

【38】言い訳はいいわけがない

【39】ごみは狭いすき間にたまる

【40】自分に甘いのは人の常

【41】人は見たいように見、聞きたいように聞く、それでも反対意見を無視するな

【42】急がば急げ、急がずとも急げ

【43】時は金なり、時は酷なり、時は赦しなり