日本語について


ホームに戻る


【1】思いつくまま、気が付くままに、日本語に関することを書きつけたものです。

[1] [2013/11/13] 助詞「に」と「へ」の使い分け

[2] [2013/11/22] 五十歩百歩の発音

[3] [2013/12/7] 「え」列の長音の発音

[4] [2014/1/31] 「え」列の長音の発音 =その2=

[5] [2014/4/16] 否定表現3題 =勝るとも劣らない・嫌いじゃない・背は高からず低からず=

[6] [2014/12/11] 「五重塔」と「三重の塔」

[7] [2016/5/11] 日本語の心ひかれる言葉トップ10

[8] [2016/5/25] 羽田圭介 小説は最初に書いた後で、読み直して書き直すのが大部分

[9] [2017/6/20] 北海道道庁長官の振り仮名―牧野周一さんの漫談―から始まって仮名遣いのこと

[10] [2017/6/27] 原始日本語の手がかりを探る[1]―始めに

[11] [2017/6/27] 原始日本語の手がかりを探る[2]―ラ行の5文字の不思議

[12] [2017/7/9] 原始日本語の手がかりを探る[3]―ラ行音の侵食作用

[13] [2017/7/14] 原始日本語の手がかりを探る[4]―動詞の活用

[14] [2017/7/16] 原始日本語の手がかりを探る[5]―現代語での動詞の活用

[15] [2017/7/19] 原始日本語の手がかりを探る[6]―助動詞の活用

[16] [2017/7/20] 原始日本語の手がかりを探る[7]―助動詞"る・らる"と"す・さす"

[17] [2017/7/25] 原始日本語の手がかりを探る[8]―助動詞"る・らる"と"す・さす"の各使い分け

[18] [2017/7/27] 原始日本語の手がかりを探る[9]―原始日本語から古語までの変化

[19] [2017/7/30] 原始日本語の手がかりを探る[10]―古語から現代語への動詞活用の変化

[20] [2017/8/3] 原始日本語の手がかりを探る[11]―派生文法

[21] [2017/8/8] 原始日本語の手がかりを探る[12]―中間まとめ

[22] [2017/8/18] 原始日本語の手がかりを探る[13]―万葉集と古今集のかなの出現頻度比較(1) 前提

[23] [2017/8/20] 原始日本語の手がかりを探る[14]―万葉集と古今集のかなの出現頻度比較(2) "そ"と"ぞ"

[24] [2017/10/1] 原始日本語の手がかりを探る[15]―万葉集と古今集のかなの出現頻度比較(3)

[25] [2017/xx/xx] 原始日本語の手がかりを探る[16]―万葉集と古今集のかなの出現頻度比較(4)

[26] [2017/10/11] 原始日本語の手がかりを探る[17]―中間まとめ(その2)

[27] [2017/10/17] 原始日本語の手がかりを探る[18]―9活用形以前について

[28] [2017/11/13] 原始日本語の手がかりを探る[19]―万葉集におけるカ変動詞来(ク)とラ変動詞来り(ケリ)について

[29] [2017/11/26] 原始日本語の手がかりを探る[20]―万葉集における"来"の読み"け"