気まぐれ日記 39 鴨長明 無名抄 この国の小国にて


[2022/1/3]

次のページに進む  前のページに戻る  古典文学に戻る  ホームに戻る

方丈記の本を手に取る

前回の記事で「終活の一つとして始めた本棚の本の整理がなかなかはかどりません」と書き出し、「方丈記、無名抄の本」について書きました。

菊池良一 村上光憲 坂口博規編 方丈記 無名抄 双文社出版 1994年6月 4版

それとは別に、この本に関して、もう一つの記事を書こうかどうかと迷っていました。どうも気になるので、今回取り上げます。

この本では、何カ所かに付箋をつけています。その中で、特に形が長く、濃いピンクで目立つ付箋がついてあるところがありました。

特に気になったので、目立つ付箋をつけたのだと思います。

方丈記ではなく、無名抄の一節です。

六九 近代古躰

この国の小国にて人の心ばせの愚かなるにより、もろもろのことを昔に違へじとするにて侍れ。

私なりに現代文にすると、次の様になります。

この国はせこい国で、人々の考えが愚かであるために、いろいろなことについて、昔のやり方と違わないようにしよう、とするのでしょう。

この前のところで、「中国では文体が何度も変わってきた」といっているので、中国に対して日本のことを"小国"といっているのでしょう。

それにしても、「人の心ばせの愚かなる」とは何たる言い方でしょう。

この六九の段は、対話形式になっていて、そのために表現が過激に、言い換えると自分(鴨長明)の考えが相手に伝わりやすいように、ということから、誇張した表現となっていると思われます。

それにしても、何たる言い方でしょう。

この国はせこい国で、そこに住む人々は愚かだ、と。

日本をこきおろす

このようなことをしているのは、メジャーな作品、あるいは高く評価されている日本人の中では珍しいと思います。

日本というのではありませんが、日本を代表する景観の富士山にたいしてけなしている作品があります。

たしか、金子光晴の詩の一節に、「ちっぽけでつまらない富士」という一節があったと記憶しています。(*1)

高村光太郎は、留学先のフランスから帰国するとき、船が日本に近づいて富士山が見えたとき、「きれいだが小さい」という印象を書いています。(*2)

ただし、高村光太郎というなら、これを取り上げるべき、という作品があります。

「根付けの国」という詩の中で「猿の様な、狐の様な、ももんがあの様な、だぼはぜの様な、麦魚(めだか)の様な、鬼瓦の様な、茶碗のかけらの様な日本人」といっているのです。これはすでにこのサイトでも取り上げています。

もっとも、海外からの帰国の時、という条件を出すなら、私でさえ同じような印象を抱いたことがあります。

唯一の家族海外旅行となったアメリカ西海岸(ロサンゼルスからサンディエゴの範囲のみですが)からの帰り、成田で飛行機から降り、マイカーに乗って自宅に帰るときに、アメリカで目にした広い道路、広い宅地、高い建物に対して、日本の普通の住宅地に見られる狭い道路や宅地、低い建物がずっと続く景色を見て悲しくなった経験があるのです。


ここで取り上げた無名抄の文章は、「日本人は愚かだ」と書いたというよりは、「昔のやり方と全く違わないようにしなければいけない、と主張する人がいたら、(その)人は考え方が愚かだ」と書いた、というように理解すべきなのでしょう。


備考

(*1) 追記 [2022/1/8]

「富士」と題された詩では、以下です。

(現代日本文學体系 67 金子光晴他 集 筑摩書房 平成12年1月 pp.17-18 より)

重箱のように
狭つくるしいこの日本。

すみからすみまでみみつちく
俺達は数へあげられてゐるのだ
(中略)
息子のゐないうつろな空に
なんだ、糞面白くもない
あらひざらした浴衣のやうな
富士。

(*2) 追記 [2022/1/8]

詩集「典型」の中の「反逆」という題の下の副題「親不孝」という詩の冒頭は以下です。

(高村光太郎 日本の詩歌10 中公文庫 中央公論社 昭和49年9月 p.351 より)

狭くるしい檻(おり)のやうに神戸が見えた。
フジヤマは美しかつたが小さかつた。


[ページの先頭に戻る]参考文献について